今年で4周年を迎える元SKE48メンバーで現在はAV女優の三上悠亜ちゃん。デビュー当時は「まさかここまで続けるなんて夢にも思わなかった」そうです。

それにも関わらず、Instagramのフォロワー数は134万人で、2017年には最も作品が売れたAV女優を決める「DMM.R18アダルトアワード2017」で最優秀女優賞を受賞し、昨年3月には韓国でガールズユニット「HONEYPOPCORN」を結成し再びアイドルデビューするなど、トップクラスの人気を維持し続けています。

今回はデビュー4周年を記念し、「三上悠亜4周年イベント」を開催。100人の男女のファンが集まり、悠亜ちゃんによるカラオケ披露や抽選で私物プレゼントをしたり集団撮影や2ショット撮影など、19時から22時までのたっぷり3時間を堪能したようでした。



イベント途中、2回の衣装チェンジを行なった悠亜ちゃん。お色直しをしながら、メイクへのこだわりとラブグッズについてお話を伺いました。


――まず三上さんはメイクにはどんなこだわりがあるのですか?
三上「私にとってメイク前のスキンケアはとっても大事。これに時間をかけるのとかけないのとでは化粧のノリも全然違うので。化粧前のスキンケアは目元や口元に貼るタイプのケアマスクをつけたり、乳液や美容液、さらに炭酸ミストをつけたり最低でも30分はします」

――なるほど〜、だからそんなにツヤツヤでプルルンなんですね。
三上「うふふ。でも、私が自分自身のメイクのテクが格段に上がったのは、私のAV作品の2本目『快感 三上悠亜』(MUTEKI)の時からメイクをほぼ専属のような感じで担当してくれている、ヘアメイクのイムタさんのおかげなんです。彼にやってもらった時のメイクはそれまでの私の中ではわりと濃いめだったんですけど、それがすごく華やかで気分もアガって。それからはずーっとイムタさんにお世話になってます」

というわけで、ここからは高校生の時から師匠についてヘアメイクの道を進んだという、ヘアメイク歴20年のイムタさん(36歳)にもコメントをいただきつつ“三上悠亜ちゃん流メイクポイント”を披露してもらっちゃいます〜。

三上「基本的にはイムタさんには私の顔のベースメイクとベースシャドウをお願いしてる感じだよね。私の顔をぜーんぶわかってくれてるから、委ねられるんです」

イムタ「そんな風に言ってもらえて光栄です〜。悠亜ちゃんのお化粧前のスキンケアのテクニックは、プロの私でも驚くぐらいです。韓国製でとても安いのに良いパックを知ってたり、いろんなスキンケア商品を使って最高の状態にしてくれるから、その後のベースメイクのお肌のノリも全然違うんです」



三上「とにかくお肌はツヤが大事だから、使ってるファンデも粉はほとんど使わないよね」

イムタ「はい。ほとんどお粉は使いませんね。最近、ハマってるのはLANCOMEのリキッドファンデーション「タンミラク リキッド」で肌にたっぷりと潤いを与えて艶肌を作り、韓国コスメ、The saem(ザセム)の「ミネライジング クリーミーコンシーラー」でさらにしっとりとカバーしてる感じですね」

三上「そう、The saemは韓国でも人気の高いプチプラコスメで、すっごいお気に入り。韓国に行った時には買いだめしてるよね。最近は口コミ人気の化粧品が買える「@cosme(アットコスメ)」でも売ってるけど。あと、イムタさんにはチークを担当してもらってます」

イムタ「はい、ここ最近わりとよく使うのはエクセルの「グラデーションチーク」ですね。繊細な色違いの4色がひとつになっていて、お顔全体に立体感が出せます。でもね、チークはつける位置がかなり重要。悠亜ちゃんのようにやや面長のお顔には黒目の下に塗ると小顔効果も出て良い。でも、この程よい位置はその人の顔の形や作りによって違う。横すぎるとオバさんっぽくなっちゃうから注意が必要なんです〜」

なるほど、とても勉強になりました。寝る前のスキンケアはしたとしていても、化粧前にまで入念なスキンケアが大事だったとは知りませんでした。でも、そのスキンケアこそが化粧ノリを変えるし、ツヤ感も格段にアップするそうなので、皆さんも是非ともご参考に!



イベントではめいいっぱい歌って踊っていた悠亜ちゃん。でも、エンディングに向けたトークタイムでは、この4年間を振り返り、自分自身が最も憧れていたアイドルではなくなってしまったもののAV女優として認知度が広まってこれ以上なく嬉しかったこと、アイドルに未練はなく今が一番楽しいという話をして涙を見せていました。その姿を見たファンもポロリ…。笑いあり、涙ありの素晴らしいイベントになったのでした。

――では最後に、今後、三上さんが向かう先はどこなのでしょうか。
三上「やっぱりもっともっと三上悠亜の名前と顔を広げたいですね。目処としては、まずは渋谷の街が歩けなくなるくらい。今はたまに声をかけられるものの、人だかりができて歩けなくなるようなことはないですから。まだまだです!」




――AV女優の頂点にも立ってアイドル活動もできて、だいたい夢は叶いましたか?
三上「そんなことはないです。まだ出してないスタイルブックも出したいし、まだまだ夢は尽きません。これから5年目に向けて、それ以上、とにかく私がやめてもみんなの記憶には残るAV女優になりたいですね」

25歳になって、ますます艶っぽく、胸やお尻、どこを取っても柔らかそうなカラダにも磨きがかかり、魅力が増している悠亜ちゃん。今後も応援しています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です