前回、美マン器“サーミバー”により膣内外の環境を整えたライターのカワイ。しかしより良い膣を手に入れるべく飽くなき挑戦は続く! というわけで、今回はさらに膣改良のための手術“Gショット”に挑戦しようと思います。

Gショット…それは膣内の性感帯ともいえるGスポットにヒアルロン酸を注入し、それによりできた隆起によって感度がアップするというもの。自分自身の感度を高め、その感度が高まることでお相手のパートナーにも“俺がここまで感じさせている!”とご満足いただくというもの。まさに、セックスの喜ばせごっこ。WIN-WINな関係を築ける素晴らしい手術なのです。

今回、Gショット体験させてくださるのは美容整形界で豊胸と脂肪吸引に高評価の『THE CLINIC』で院長経験もある福岡県福岡市『L.O.V.E beauty clinic(ラブビューティクリニック)』の樋口隆男院長。



まずはGショットの手術内容や効果を伺いました。

――樋口先生、わたくし先日、サーミバーを受けてきたのですが、このサーミバーとGショットの手術の違いから教えてくれませんか?

樋口隆男先生(以下、樋口先生)「サーミバーは膣のアンチエイジングです。膣の緩みが自身のヒアルロン酸生成能力を高めることで改善され引き締め効果にも繋がります。一方でGショットは膣内の性感帯であるGスポット部分に特殊な注射器でヒアルロン酸を注入し、Gスポット部分の面積を広げ、膣内に入ってきた男性器に当たりやすくするというものです」

――つまり、どんな“短小くん(男性器)”をもヒアルロン酸注入により肥大したGスポット部分がキャッチしますよってことなのですね?

樋口先生「そうとも言えるかもしれませんね(笑)。基本的にはGショットはもっと感度を高めたいとか、不感症なのではないかという女性による感度を高める手術で“より性生活を充実させたい女性”が受けるものですね」

――でも心配なのは、サーミバーを受けてまだ1ヶ月も経ってない今、立て続けにヒアルロン酸まで注入しちゃって大丈夫なのですか。

樋口先生「なにをおっしゃるんですか〜。そんな不安なんかよりも、サーミバーで膣の緩みを改善し、Gショットで感度を高めて、気持ちよくなりすぎてしまって大丈夫なのかどうかを心配した方がいいですよ!」

――なるほど(笑)。量にもよるかもしれませんが、ヒアルロン酸注入時に痛みやリスクはないのですか?

樋口先生「注入量は一箇所に0.5ccから1ccです。注射で注入するので痛みはゼロでじゃないですが、私は特殊な針で注入しているため、なるべく膣内の毛細血管や膀胱を傷つけないようにしています」

――じゃあ、ヒアルロン酸を注入したからって男性側が気づくような手術ではないということですかね?

樋口先生「男性側はまったく気づかないと思います。Gショットはあくまで女性の約4割がオーガズムを感じたことがないため性生活が億劫になったとか、あるいはもっと快楽を追求したい! そんな女性のために編み出された手術です」

――では、注入したヒアルロン酸は生涯、残るのでしょうか?

樋口先生「いえいえ、ヒアルロン酸は半年から1年で徐々に膣内に吸収されるので、ヒアルロン酸維持のために定期的に通われる方もいるほど。手術といっても注射による簡単な処置なので、当日からごく普通の生活ができますし、セックスも翌日からできますよ」

というわけで、Gショットでヒアルロン酸注入、始めます! 今回は注射ということで少し緊張しています…。

まずは産婦人科の検診台のような椅子に座り、ドキドキしながら注射待ち。その前に樋口先生が私の膣内を触診し、Gスポットの位置を探ります。



「このあたりでしょうか?」と私の位置を当てる先生。

わたくし自身、Gスポットなる位置を自覚したこともなければ自分の指を挿入し触れたこともないので、正直わからず。でも、確かに尿意を刺激されるような繊細な位置に樋口先生の指があたりました。

「あっ! そのあたりです!」とカワイ。

狙いを定めた樋口先生、まずは透明なクスコを膣内に挿入し、麻酔注射を打った後に膣内を確認しながらヒアルロン酸注射を打ってくださいました。







膣内への注射の痛みは、皮膚にする注射のチクっとする痛みほど鋭利なものではないのですが、チクーっの手前のツンツク〜って感じ。めっちゃ痛くもないけど無痛とも言えず。でもその間、私の膝あたりを優しくトン、トン、とさすってくれる助手の方の手の優しさに、かなり安心感に包まれました。




注射タイムはものの5秒程度。検診台に座り、5分程度で手術は終了。



「いかがですか? 痛みはありますか?」と樋口先生。注射時は痛かったけど、なーにも違和感なし。フツーにスタスタ歩けるし、その後、都内に帰るまでの飛行機内で座ってる間も、なーにも違和感はありませんでした。

肝心の術後、私の感度はどうだったかをお知らせする必要がございますね。
実は今回、お初の男性と、長らく関係のある男性のふたりと試してみました。

お初の男性には当然、手術のことは告げていません。自分自身の感覚としましては、元々、濡れやすく乾かなくはあるものの、なかなかイキにくい体質なんです。なのでお初の男性と致して、たとえ気持ちよかったとしてもイクことはほとんどない。今回においてもイケはしなかったのですが、とめどなく溢れる感覚がありました。しかもちょっといつもよりとろみがあるような気が…? 

その数日後、これまで1年ほど関係のある男性と致したところ、これには確かな変化がありました。というのもわたくし、いくら慣れ親しんだ相手であれ騎乗位以外ではイケないのです。それも、かなり集中しないとイケない。でもこの時においてはいつもの集中力で挑むとイクまでの時間が短縮された気がしました。そして騎乗位の後の正常位の際、もう少しお相手が頑張ってくれていたら、正常位で初めてイケそうな感覚さえありました。

そして後日、劇的ビフォーアフターが感じられたのは自分自身のプレジャータイム(オナニータイムのことです)の最中でした。それは指でするよりも、つい先日のイベントで入手しました『イロハ テマリ』を使ってみた時に大激変が感じられたのです!

まず、イロハシリーズの中でも最も振動が強いグッズであると言える『テマリ』の強めの振動が、いつも以上に深く、強く、膣内の気持ちいいところにズシーーーンと響くというか、伝わってくるものがありました。これはおそらく、恥骨から膣内もGスポットに埋められたヒアルロン酸の塊に、骨伝導したような感じ??

後日、樋口先生にその感覚について伺ってみました。

――せんせー! 振動系グッズの快感が恥骨から骨伝導的にヒアルロン酸に届き、Gスポットを刺激された気がするのですけど…実際、そうなのでしょうか?

樋口先生「実感が得られたのならよかったです(笑)。恥骨から骨伝導したかどうかはちょっとわかりませんが、手術を受けた方からは効果があったというご意見は伺いますから、それが何よりですね(笑)」

樋口先生のクリニックのサイトを見ると、Gスポットにヒアルロン酸を打つGショット以外にも、処女膜再生だの大陰唇ヒアルロン酸注入だの様々な婦人科形成メニューが…! 見た目だけではわからない、入れてみないとわからないアノ部分まで手を加えられるなんて…女性の欲望は絶えませんね!

●クリニック名
L.O.V.E beauty clinic

●所在地
福岡県福岡市中央区天神2-6-13 ジェムキャッスルきらめき通り 2階

●クリニックホームページ
https://love-beauty-clinic.com/

●樋口隆男先生Instagram
https://www.instagram.com/dr_guccy/

※今回手術したGショット(ヒアルロン酸注入)は¥250,000〜より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です