会いたくて会いたくて震えていた西野カナさんはめでたくご結婚されましたが、震えても震えてもまだ結婚できないというあなた、どうかあなたのその恋の苦悩に効く処方箋が見つかりますように!



♥002彼氏と喧嘩した!私が悪いの?眠れぬ夜の処方箋



愛は最高の奉仕だ。みじんも、自分の満足を思ってはいけない。
(太宰治/日本・小説家)

OMG編集部:愛に苦悩しつくしたであろう偉人の言葉は重いですね。



【太宰治 だざいおさむ】日本の小説家
1909年6月19日青森県津軽生まれ
津軽の大地主の家に生まれる。

父親は貴族議員も務め、邸宅には30人もの使用人がいた。
小学校を首席で卒業。14歳の時に父親が肺癌で死去。 16歳の頃から同人誌に小説やエッセイを書き始める。
20歳、1929年12月深夜に最初の自殺未遂。
以降、心中や自殺未遂、薬物中毒を乗り越え多くの作品を発表。1947年(38歳)に出版された「斜陽」がベストセラーとなる。

新戯作派、無頼派と称された。
主な作品:「走れメロス」「お伽草子」「人間失格」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です